MetaFrame XP から XenApp 6.5 まで実装されていたローカルホストキャッシュ機能がXenApp 7.12にて機能改善され実装されました。

旧来のバージョンをお使いのユーザー様はこの機能を非常に待ち焦がれていたことと思います。万一の際でもこの機能を利用することで接続は担保され安心した運用が可能になります。私自身もこの機能が実装されることを待っていました。

今回のブログではローカルホストキャッシュ機能についてまとめたいと思います。

  1. ローカルホストキャッシュ機能とは

この機能はデータベースのサブセットをコントローラーに配置することにより、予期しないデータベース停止状態に陥ってもユーザーからのアクセスを担保するものです。XenApp 6.5以前はローカルホストキャッシュが原因で接続できないことが時折発生しdsmaint コマンドを使うことがありましたが、XenApp 7.12では、そのような問題が発生しないように考慮されています。

尚、ローカルホストキャッシュと接続リースを一緒に使うことはできません。

  1. 接続リースとの違い

XenApp/XenDesktop 7.6から実装された接続リースは、通常時(データベース使用可能時)に使用されたアプリケーションやデスクトップのユーザー接続情報をコントローラーにキャッシュする機能です。データベースとの通信ができなくなった場合でも、接続リースでキャッシュされた情報を元に接続を担保します。この機能は14日間、リース期間として利用できます。その間に管理者はデータベースの復旧を行います。

ローカルホストキャッシュとの大きな違いは以下です。

・ローカルホストキャッシュには、接続に関しての制限はない。

・ローカルホストキャッシュは、新規の接続が可能(MCS/PVSでのプール型のVDIは除く)。

・接続リースは、サイトのVDIが5,000以上でも利用できる。

  1. ローカルホストキャッシュの動作

ローカルホストキャッシュが動作することはデータベースとの通信ができないことを意味します。ローカルホストキャッシュ機能により新規のXenApp/XenDesktopへの接続は担保されますが、以下の制限事項がありますのでご注意下さい。

・Citrix Studio, Director またはPowerShellコマンドは使用できない。

・プール型のVDIデスクトップ(MCSやPVSで作成)は接続できない。ただし割り当てられたマシンは、正常操作中に割り当てが発生した場合のみ使用可能。停止中に新しい割り当てを行うことはできない。

・新規のリソースのアサインなどデータベース変更に伴う作業はできない。

・利用後シャットダウンするマシンに関してはメンテナンスモードになる

・匿名ユーザーは利用できない。

  1. ローカルホストキャッシュの仕組み

通常運用時の動作:

・コントローラー上のプリンシパルブローカー(Citrix Broker Service)は、StoreFrontからの接続要求を受け取り、サイトデータベースと通信して、コントローラーに登録されたVDAにユーザーを接続します。

・2分おきにチェックし、プリンシパルブローカーの構成が変更されたか判断します。…


  

Related Stories

Share →