Citrixといえば、アプリケーション仮想化製品のCitrix XenAppや、デスクトップ仮想化製品のCitrix XenDesktopを思い浮かべるお客様が多いかと思います。

XenAppおよびXenDesktopには、低帯域、高遅延、パケットロスの多いWAN回線経由でもユーザーエクスペリエンスを維持しながら利用できる技術であるHDXテクノロジーを実装しています。これにより、様々なネットワーク環境下でXenAppやXenDesktopを利用可能です。その一方で、支店/支社からWAN回線経由でXenAppやXenDesktopを利用する場合に、お客様から以下のような課題を頂くことがあります。

「契約している複数のWAN回線の全帯域を使って運用したいが、特定の回線に通信が偏る心配がある」

「WAN回線を経由する場合でも、XenDesktopやXenApp利用時のマウスや画面の動きをできる限り良くしたい」

「海外の支店/支社側のWAN回線が不安定で、冗長化していても、XenAppやXenDesktopの再接続が必要になることがある」

「支店/支社でXenDesktop、XenAppを利用中の社員から『動きが遅い』と申告があった場合、被疑箇所の特定に時間と手間がかかる」

Citrixでは、XenAppで構築した仮想アプリケーションおよびXenDesktopで構築した仮想デスクトップを、企業の支店/支社にお勤めの方にも快適に配信するためのSD-WANソリューションも展開しています。

今回は2017年4月に弊社NetScaler SD-WAN製品部門のバイスプレジデントであるChalan Arasが執筆したブログ「15 Reasons NetScaler SD-WAN is THE Choice for Delivering XenApp & XenDesktop」の概要を、関連情報を交えて日本語で紹介します。

さて、5月23日~25日に米国フロリダ州オーランドで開催されるCitrix Synergyにおいては、NetScaler SD-WANを導入することで、企業の支店/支社にお勤めの方が仮想アプリケーションをより安全に、かつ高信頼性を保ちながら通信できる仕組みを、デモを交えて紹介しています。NetScaler SD-WAN は、XenAppやXenDesktopをより多くの拠点で効率良く利用しながら、同時に利用者の体感品質を向上します。 更に仮想アプリケーションおよび仮想デスクトップのトラフィックであるHDX通信の可視化により、運用管理性を向上し、障害時の事象切り分けをより迅速に行えます。今回のブログでは、なぜ支店/支社で仮想デスクトップや仮想アプリケーションを利用する場合にNetScaler SD-WANの導入が最適解になるのかを説明します。その理由は、実に15もあります。

理由 その1 「Always-On」の信頼性を提供します


  

Related Stories

Share →