Citrixは2016年5月、Microsoftとの戦略的パートナーシップの拡大を発表し、その一環としてCitrix NetScalerとMicrosoft Enterprise Mobility + Security (EMS)との統合を共同で進めてきました。

今回は2017年1月に弊社プロダクトマーケティング部門のAkhilesh Dhawanが執筆したブログ「Better Together: NetScaler Unified Gateway & Microsoft EMS」の概要を、関連情報を交えて日本語で紹介します。

Citrix NetScaler Unified Gatewayは、2016年12月リリースのソフトウエア(11.1.51)にて、ログイン時にデバイスがMicrosoft Enterprise Mobility + Security (以下、EMS)に登録されているかどうかを確認する機能をサポートしました。これにより、Citrix NetScaler Unified GatewayとEMSの連携が実現しました。

NetScaler Unified GatewayとEMSの連携により、モバイルユーザーに対する条件付きアクセスを実現できます。条件付きアクセスを利用すると、モバイルユーザーのセキュリティ強度を高めると共に、外部の脅威からオンプレミス環境の様々なリソースを守ることが可能になります。クラウド基盤上のNetScaler VPXにUnified Gateway機能を設定し、EMSと連携させることにより、クラウドに置かれた社内リソースに対しても同様のアクセス制御を提供します。

【ソリューション概要とメリット】

EMS は、デバイスの構成や管理を簡素化し、どのユーザーがどのデバイスからどのデータにアクセスできるのかを制御します。これにより、ユーザー認証、デバイス、アプリケーション、データを適切に管理、保護することができます。…


  

Related Stories

Share →